製品案内

製品に関するお問い合わせなどはお問い合わせページよりご連絡お願い致します。

​*当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

コールドボックス(ガス硬化性鋳型)

珪砂とレジンを混練しその砂を型に手込め作業やコアシューターにより充填して、ガスにより硬化をさせ成形をおこなうプロセス。多品種、小ロット、短納期や試作に対応可能。
 

シェルモールド(熱硬化性鋳型)

300℃程度に予熱した金型に硅砂等の骨材にフェノール樹脂、硬化剤のヘキサミン、潤滑剤を混練し作られるRCS(レジンコーテッドサンド)を充填し金型の熱で硬化させる精密な砂型(中子)を造る技術の事である。寸法精度が高く通気性が良い為、鋳物の不良も生じにくい。
1J520-18401C_1.JPG
PIC000360_1.jpg
20160627_155214_1.jpg

フラン(自硬性鋳型)

自硬化型(フラン型)とは、造型後に外部からの過熱や触媒ガス通気などを行わず常温で放置硬化させる方法である。樹脂粘性が低く、樹脂添加量も少ないため、混練砂の流動性が良く、型込めが容易で、可使時間、抜型時間の設定自由度が高く、型サイズ、形状の適用範囲が広い。